フライフィッシングとアウトドアが大好きな、一昔前の少年が竹竿屋をやってます。
2012.08.17.Fri 川辺でキャンプ

 恒例の川辺でキャンプに行ってきました。

今年は大雨の影響でショート&近場となり、
釣りは望み薄のキャンプです
(まあ、日ごろの罪滅ぼしの家族サービスということで)


でも、やっぱり我慢できないだよなぁー。


 キャンプサイトの少し下流のプール

 日が傾き出すのと同時に

 虫がポツポツ

 太陽が山に隠れると、

 素面がポツポツ

  「うーん、やっぱりはじまった」


 身をかがめ 

 ラインを通し
 
 フライを結び

 フロータントをつけ

 ラインを出し。

 いざキャスト・・・。


と思いきや

上流から


   「おとーさん!!」

   と子供たちが何故か浮き輪にまたがり流れてきた・・・。

   ゲームオーバー・・・・。


やっぱり今年は釣りなしキャンプでした




| 15:03 | - | fly fishing |

2012.06.20.Wed No.54 HFへ


ヘンリーズフォークに行ってきます。

季節はずれの台風来襲に

「やっぱり日ごろの行い悪いんじゃない」

とか、冷やかされましたが、

結果は台風早めに通過で大丈夫そうです。

では、行ってきます。




  妻「kazu! eチケット忘れてるわよ」

  私「しまった!」


| 06:00 | - | fly fishing |

2012.04.28.Sat 30.7℃

気温が安定、
イブニングに喜んでいたのも束の間

30.7℃は暑すぎます

ライズより、ビールが恋しい !?

             


| 22:09 | - | fly fishing |

2012.04.27.Fri Evening

イブニングの季節がはじまりましたね


 陽が傾き

 山にかかりだす

 肌に感じる空気が変わり

 虫が飛び回り

 今まで姿も見えなかったやつらが水面を啄ばみ始める

 あたりが闇になる間際の

 ゴールデンタイム



 ず〜とゴールデンタイムだったらいいのに、

 と思いましたが、

 これでは、フライフィッシングはつまらいでしょうね

 晴れたり、雨が降ったり

 風が吹いたり・・・。

 釣れたり、釣れなかったり、

 自然の中では、

 同じ状況は2度とないから楽しいんでしょうね


 まあ、釣れても釣れなくても

 釣りにいくだけで楽しいですね


 さて、今日のゴールデンタイムはどうでしょうか?


| 18:20 | - | fly fishing |

2012.04.17.Tue 釣り日和

桜が満開の街中を早朝に出発し、

行き先は、

関西のK川

10時に到着

こちらの桜はまだ三分咲き

心地よい春風に当りながら、

着替えを済ませ

お気に入りの竹竿

あまご用7,4 #4をセットし、

いざ出陣

川原に降り、

フロータントにつけたフライを取り出す

フォローキャストを

  1回

  2回

気持ち良くラインがのびる

大岩裏の反転流にフライをプレゼント

フライが流れに乗る

   ゴボ!

  よっし!

  フッキング!









 「お父さん!」

   「え」

 「何が、よっし!よ」
 「早く起きないと遅れるわよ」

  と妻の声

 今日は子供の参観日。

 せっかくいい夢だったのに・・・。


| 15:13 | - | fly fishing |

2012.03.06.Tue 神頼み

よく降ります・・。

やっと解禁したのに、なんとなく消化不良です。

昨晩、ワラをも掴む思いで、

「今度の週末は、晴れますように」

苦しい時だけ神頼み・・。

これでは無理かな。(苦笑)


| 07:28 | - | fly fishing |

2011.12.19.Mon キャス練

 寒〜いですね。


今のキャスティングの課題は、
   ・振りの面
   ・バックキャストの待ち
   ・手首の固定
   ・力の入れ加減

TighitなLoopが走ることもあれば、
スラックス、ネジレが入ることも。
コツがわかりかけているが、十分ではない。
わかっているような、わかっていないような微妙な状況でしょうか・・。
(でもこのあたりがキャスティングの難しいところ)

真似(イメージ)が大事と思い、
最近よくDVDを時間があれば見ている。

     

「Fly Casting Basics」(東知憲)
別に宣伝するわけではありませんが、
基本的は身体の動きを、良い例悪い例をおりまぜて解説している
(基本を固めるのには良いです)

今日も見ていると珍しく家族が集まってきた。
   長男:お父さんやってるのと同じやん
   私 :この人上手いんやで、
      ほら、ラインが真っ直ぐに走っているやろ
   妻 :ほんと、ナミナミ(波波)になるのはあかんのやね
 (えらく、興味を持ってくれて私はご機嫌。
  妻のスラックス=ナミナミの表現もなかなか面白いやんと関心)


その後、いつものように家の前でキャス練開始

   OK、NG(スラックス)、OK、OK、NG(ネジレ) ・ ・ ・

  なんとなく感覚をつかめつつあるが、安定しない。。。


   OK、OK、OK、NG(スラックス) ・  ・  ・

  きれいにいきだすと、緊張し余計な力がはいる・・。


   OK、OK、OK、OK、NG(スラックス) ・ ・ ・

  やはり余計な力が。 
  

と、その時二階のベランダから妻を顔を出し、
  妻:お父さん見ておいてあげるわ
  私:おー! 頼むで

   OK、OK、OK、NG(スラックス)・ ・ ・

  妻:お父さんナミナミやったよ。
  私:あ、ありがとう(わかってるわ!とは言えず)

  もういちど、(でもいきなり)

   NG(スラックス) ・ ・ ・

     (妻の目線に緊張し力んでいる)

  妻:お父さん今のもナミナミやったよ。
  私:(やりにくいな・・・。)

  もういちど、

   OK、OK、OK、NG(スラックス)

  妻:最初真っ直ぐやったけど、
    4回目がナミナミやったよー!←張りきっている。。。
     
     (やりにくい・・。)

  私:寒くなってきたからもう終わるわ

  妻:うん、ご飯にしようか
    でも、お父さんだいぶDVDの人に近づいてきたで。


     私にはえらそうに言うな!とは言う勇気はなく、

     今日は妻に完敗です。。。


| 05:07 | - | fly fishing |

2011.11.17.Thu キャス練

 キャス練に、はまっています。

1回のキャス練は、
短いときで15分程度
(これは忙しい日の夜中か早朝に家の前でやります)
近くの公園でやる時は30分程度
そして時間をとれる日は、
近くの川原で1〜2時間程度
でやってます。

川原での場所をあちらこちらと探していましたが、
(大阪なので川原と言っても堤防の延長みたいな感じですが)
お気に入りの場所を見つけました。

何が気に入ったかというと、
適度な川幅(里川程度)があるので、
川に向けてのキャストやピックアップなどもできる。
雰囲気も良い。
自転車で10分程度行ける。
などなど・・。
でも最大の理由は、夕方、日の暮れにライズがあること!

      
街中の川ですので、ヤマメや鱒などはいませんが、
15cmほどのハエのライズが始まります。
そして、何箇所かのプールには、
本流の淀川から遡上してきた、50cm級の野鯉がうろうろしています。
(ヒレピンです)

水があれば魚を探し。
魚がいれば釣ってみたい、
釣り人の心理です。
(→釣り人の心理と言うよりkazuの心理?)

次回の川原でのキャス練終了後、
イブニングにチャレンジします。


「え!それってキャス練でなく、釣りしているだけやん!」

突っ込まないでください(笑)



| 05:00 | - | fly fishing |

2011.11.01.Tue キャス練

 この週末はみっちりキャス練に励みました。

 

キャスティングの重要性は理解しつつも、

これまではあまり好きではなかたのです。

河川敷の芝生や近所の空き地を見つけてのキャス練ですが、
なんだか、釣りに行けないおやじが、

釣りの真似事をしているような気がして・・。

でもこれは、言い訳で、あまり上達しないので、面白くなかった。
これが本音。

だが、先週の寒河江川で、周りの方の見事なキャスティング、
そしてキャスティングの差がそのまま、釣果の差となったこと。
こんなことを経験して今週はみっちりとキャスティングに取組みました。

一日目の前半は、スラックスは変わらず、ループもいまひとつ・・・。
いつもはこのあたりで終了ですが、
今回は先週の事もあり、引き続きキャス練を続けます。
既に腕はだるく、筋肉痛気味(←単なる運動不足?)
加えて雨が降り出す。
でも、雨具を着用、まだまだ続けます。


 腕、ロッドの角度
 
 振りのスピード

 腕のストップ&スタートタイミングや角度

 スタンス

  ・
  ・
  
  ・
  ・

チェックポイントは沢山あります。

これらを意識し、ゆっくり丁寧に。


続けているとある瞬間、
スラックスのないライン。
ロッドにラインが乗る(重みを感じる)感じが確実に手に伝わる。

今度は少しラインをのばす。
またスラックス・・。
力みすぎ。

力を抜いて、落ちついて再度チャレンジ。
今度はスラックスがなく、きれいなループに。

よし!

コツが少しは、つかめた感じです。
子供の頃、自転車に始めて乗れたような感触でした。


そして翌日、
(いつもより早く目が覚めた)

はりきって朝から再度キャス練。
小一時間やって帰宅。


妻、子供たちと朝ごはんを食べながら、

私「子供の時に自転車に乗れた時みたいに面白いわ」

長男「お父さん今でも子供みたいやん」

どう言う意味やねん!!






| 05:16 | - | fly fishing |

2011.10.25.Tue 寒河江川

 寒河江川から帰ってきました。


   

フライフィッシングを通じての仲間が集まりました。

福島県宮城県など東北はもちろんのこと、
神奈川、群馬、山梨県そして大阪(私)、
兵庫、高知、福岡県、まさに全国です

 

今回の旅の目的は、単に釣りだけでなく、

・全国の仲間や先輩方との親交を広げ、深めること

・釣りの技術を学び向上する

 (今回のメンバーはただものではない)

・竹竿塾の先輩方も参加されるので近々状況などの情報収集交換

・そして何よりも東北に集い微力でも復興の一助になれば

そんな思いで参加しました。

  

今回集まったメンバーは、

フライフィッシングに狂っている事以外は
仕事も違えば、

生まれや育ちも違う、

初めて会った方も大半でしたが、

自然に気持ちよく過ごせる雰囲気が漂う釣り会でした。


釣り仲間で集まる場に何度か参加したことはありますが、

人が集まれば、お互いの関係の中で好き嫌いがあったり、

でしゃばり過ぎる人がいたり、

ジョークが過ぎて他の人が気を悪くしたり(傷つけたり)と、

なんとなくギスギス感があるものです。

 

今回の雰囲気の良さは、

集まったメンバーの人柄。
準備を含め仕切って頂いた方の心配り。・・・。


理由は色々あると思いますが、

私が感じたのは、参加全員が、

明るさ、まじめさ、他人への配慮・・・など。

人として大切なことを
平均以上持ち合わせている事を感じました。

 

 

続いて釣りの報告

胸を張って紹介できるような釣果はなかったです()

非常厳しいコンディションでした←言い訳


ポイントを探し歩き回り、 

()は見えますが、全く反応なし。

そのまま、イブニングに突入。


薄暗い中、少し大きめのフライでスタンバイ。


すると流芯の少し手前で

 

ゴボ!

(ライズ!)

 

しめしめと思い


手前から一投目。

(ドラッグに注意にして)

1m、2m・・反応なし。

 

二投目。反応なし。

1m、2m・・・反応なし。

 

流芯との境ぎりぎりに三投目。

1m、2m、3m、・・・

 

ゴボ!

 

合わすが空振り・・。

 

しばし呆然。

 

その後も流すが反応なし。

 

1チャンスをものにできませんでした。

原因は、

流すコースの少しズレと、

微妙なドラックがかかり魚とタイミングが合わなかった。

(私の分析です)


   
 

翌日の半分ぐらいの時間は、

他の参加者の方の釣りを見せていただきましたが、

キャスティング、ナチュラルドリフト・・・。

とその技術と綺麗な釣りをしっかり拝見。

 

この日テトラ際でもう1チャンスありましたが、
ものにできず・・・。


条件が厳しいほど、
釣りの技術で大きな差が出ることを痛感しました。



   
 

その他に、

ロッドの試し振り会では、

参加者の方々に私のプロトタイプを
振っていただいたり、

竹竿塾の先輩方の竿を振らせていただいたりと
充実した時を過ごしました。

 

また、昼のバーベキューでは、

厚切り牛タン、秋刀魚、トン汁と堪能しました。

  
    


私にとって今回の旅は、

多く方と知り合えた事を通じて、

・日常考えない、人として大切なことを改めて認識

  (明るさ、まじめさ、他への配慮・・。)

・ハイレベルな釣りの技術

・竹竿塾の先輩方の作品(竹竿)

・おいしい料理とお酒?


と出会い、
自分に足りないことや
レベル差を確認できた充実した旅となりました。

 

そしてこのレベル差を埋めるべく、
新たな目標としてがんばって行きたい。

そんな決意で帰路につきました。

 

お世話になった方々、本当にありがとうございました。
また来年もお願いします。



妻「来年も行くの・・・?。」

私「う、うん。」(汗)



| 21:56 | - | fly fishing |


1/2 >>